<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3/26 | main | 3/28 >>
# 3/27

これは 贈って頂いてもう5か月目になるでしょうか

最後のお花が数個

胡蝶蘭は多くの花が連なっているのもゴージャスですが

こうして先端に1輪2輪のお花が咲いている姿が好きです

 

昨日訪れた校長先生のお部屋にも

最近贈っていただいたんだろうなと思われる白い胡蝶蘭が飾られていました

 

***

 

昨日は初夏のような天気でしたね

この日にまとめていた外出へ色々と

早めの昼ご飯を済ませマスク装備で向かいました

あっちこっちして

最後には花束をかかえて学校へ

 

お世話になっていた小学校、中学校の校長先生がそれぞれ

今年度のタイミングで退職をされます

今までどの先生もそれはやはり素晴らしい校長先生でしたが

このお二人の先生とはなんというか心が通い合う先生でした

心のカーテンが二重ではなく一重で透明度が感じられる先生

カーテンはないと 隙ばかりになってしまいますからね

武士たるもの隙あらば打たれる

面胴小手!

 

小学校の先生はロマンスグレイの髪色の男性

4年前この小学校から校長へと昇格されて

ここで教員生活を全うされました

 

道を車で走っていると

時々先生が通学路をこども達と

品の良いトレンチコートをなびかせながら

歩いてらっしゃるのをお見掛けしていました

それから

先生が趣味でされているギターの演奏を聴かせて頂いたり

(押尾コータローがお好き と)

ボランティアで小学校へお手伝いしていることに

個人的に先生を巻き込んで小さなサプライズをしたり

そうだ

息子さんの卒業式では私の拙い謝辞も聞いて下さいました

 

中学校の先生は長いストレートの黒髪の女性

息子と同時に転務されて

教員としてここで8年 それから 校長として最後の2年

ここに戻れたことが本当に嬉しいと 

それは 本当に嬉しそうに生徒の前で一生懸命話されている姿が印象的でした

時折交わす会話で

よく生徒のことを見ているのがびっくりするくらいに分かりました

 

個人的にご挨拶へ伺うのに少し気が引けましたが

今年はこんな状況で余計に

大事な節目も曇りがちでしょう

不惑の40はもう迷いません

こんな節目を目の前にした方との機会はないだろうと

お二人から感謝を伝えに

そして お話を伺いに行きました

 

クラスの担任からはじまり教頭、副校長と役職が変わられ

子ども達の命を預かるこの仕事には

私が想像もできないことがたくさんおありだったのでしょうと愚問すると

お二人ともそういったことをゆったりとしみじみとお話してくださいました

最後に

「プロフェッショナルとは」(笑)とアレ風にお願いしました

それぞれに実際現場に立って経験したものでしか出てこない言葉の数々

しかし

私は気の利いた相槌が打てていただろうか

せめてスガシカオのBGMかけたら完璧だったな うん

 

大人がまた新しい世界へと羽ばたくこの瞬間は

仏教でいうところの修行をあけて

ある悟りを開かれたようなお二人でした

 

感謝を添えて

 

| - | - | 11:20 | category: days |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:20 | category: - |
Selected Entry
Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links