<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日々 | main | 門越しの景色 >>
# 大人の大学

今日のレッスン後

火をつかわずちゃちゃっと作った

おぼろ豆腐たっぷりの昼食

 

*****

 

週末 ちょうど一年ぶりになりましたが

京都へ行ってきました

街歩きをしていると新緑がまぶしく美しい光景はいくつも目に飛び込んできます

写真はとりません

記憶に残すのです わたしはこうして何枚も何枚も記憶に残すのです

カメラに記録してしまうと 脳は記録を忘れてしまいますから・・

 

さて今回は

母校主催の染めの講義に参加してきました

母校からは年に数回こうして無料講義の案内が届きます

毎回興味深い講義を無料で

しかも今回は最後にお茶とお茶菓子も出してくださって。。

上生菓子は今回の講義のテーマに合わせて特別に作ってくださった練り切り

大型私立ならではの大盤振る舞いです

 

今回は講師は私が長年愛用している染小物やさんの店主によるものでした

逃してはならぬ!とずいぶん前から興奮気味に予約をしていきました

興味深い話をたっぷり2時間講義していただき もう本当に充実の時間でした

リベラルアーツを掲げていた母校でしたので

当時わたしは専攻にかかわらず興味深い講義が沢山あり色んな科目を楽しく受講していました

専攻より自由科目の方を多く受講していたかもしれません

時にマニアックすぎて毎回どう考えても 自分の脳をどうつかっても不可解な講義もありました

(日本語を話されているのに 話が全く入ってこないくらいの内容)

大人になってから大学での学びもよいものだと思いました

当時 最前列で熱心に講義を受けていた大人たちの気持ちがよく分かります

あれから母校は専攻もだいぶ増え 今回も可愛らしい生徒さんがお手伝いに忙しくされていました(青春!)

 

今回主催の先生方と私のゼミの先生の話で盛り上がりました

ゼミの先生は当時折に触れ私たちを祇園に誘ってくれました

はじめて南座へ連れってくれたのも先生です

祇園の甘味処や晩ごはんには祇園の小さなカウンターだけのおでん屋さんへ連れてってくれたり

どこへ行っても先生は店の店主さんから大事にされていたのが印象に残っています

最後まで就職先を気にしていただき 最後までおおらかな先生でした

ずいぶん前に退職をされてますが 祇園が好きで顔見世には毎年行かれているようですよ と

話を聞きましたが 私がこうして足繫く歌舞伎を観劇に行っていると知るとどう思われるでしょう

歌舞伎の垣根をかる〜く取っ払ってくれたのは間違いなく先生です

 

あれからずいぶんたっても京都へ戻るとこの土地は私と空気感がピタリときます

今暮らしている土地よりもホッとやすらぎます

良い思い出ばかり残り 縁のきれない友人と出会い

こうして卒業をしても学びの場を与えてくれる母校があり

また 今回染物のお店ともご縁を持つことができたという幸運は

当時両親のスネをかじりまくってここで暮らしていたおかげだなあと つくづく思います

感謝の気持ちを添えて 今回の話を母の日 母へ添えました

 

ということで今回はいつものお店で食事をして帰れなかったので

絶対のおぼろ豆腐 お肉やお漬物 和菓子 チョコレートにケーキ・・ちゃんとクーラーバッグ持参で

食い意地は最後まではってお土産に買って帰り まさに心と身体によいリフレッシュをして帰りました

 

 

五月料理教室ご案内中

http://kivilabo.jugem.jp/?eid=2121

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 19:58 | category: days |
# スポンサーサイト
| - | - | 19:58 | category: - |
この記事のトラックバックURL
http://kivilabo.jugem.jp/trackback/2123
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links