<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 6/23

 

6月24日

最終日

 

アサノハ企画展

京都 染司よしおか

「日本古来の色」

 

毎日毎日 染めあがった色を目にし

そのふくよかな色に感動し

また 色々と平安から勉強をはじめています

勉強をしたい好奇心 生きる喜び

 

古来の色

手にしてくださり

見てくださり

ありがとうございました

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 6/20

 

よしおか工房は 京都において江戸時代末期から続く染織工房です

色は植物染料により 布は手仕事によって織られたものを用いています

古代から人々が日常的に営んできた 草木花から色を汲み出し

美しい染料品を生み出すという伝統の技を現代に蘇らせることを目指しています

 

このような伝統的な技法は 

古い神社の行事にも役立てられています

毎年 東大寺のお水取りのツバキの造り花の紅花染和紙

薬師寺花会式の造り花の紫根染和紙

春日大社 伊勢神宮 清荒神清澄寺など伝統的な行事にも多く従事しています

また東大寺や薬師寺の法要のおりに上演される伎楽装束の製作も工房があたっています

 

地下100メートルからくみ上げられる清らかな水と

時間にとらわれることなく 

丁寧に自然と向き合う手に支えられた工房では

ゆったりと静かな毎日が今も繰り返されています

 

5代目 吉岡幸雄 著書より

 

*****

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 6/19

 

本日6日目

 

お買い物というのは お金を払っていただくこと

(といっても 先方へお納めするので 預かっているという気持ちですが)

お客様から大切な紙幣で本気をいただくことなので

こちらとしても 本気です

 

けれども 自宅のギャラリーですので

商業的な気持ちではなく

純粋に 見て見て!聞いて聞いて!っていう私の気持ちのアサノハかもしれません

そんな欲求を満たしてくれるありがたい私の場所です

 

一度惹かれたものには一途でその内臓(内部)まで探りたくなる

というのはさそり座の宿命

 

あれこれとご紹介し

本当はこういったご紹介を会期はじめにした方が良いのでしょうが

誰かが良いと言っているから

誰かが持っているから

という先入観を持ってしまうと お買い物力というのが養われません

ご紹介はこのへんにしておこうとおもいます

 

ちょっとその人の間口を叩いてあげて

そこから 自ら足を運んでみて 出合いものに心惹かれ

自身の暮らしに取り入れてゆく

運と縁 そいういったタイミングや勘を私は大事に思っています

お買い物する力だけでなく 

常に選択の人生 選択する力がついてゆくのではないでしょうか

 

 

*****

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

浴衣や着物によい

麻や紬のバッグに数寄屋袋 

ペンケースに小銭入れ

ブックカバーに小座布団に眼鏡ケース

ふくさに風呂敷

それから

着物 帯の反物

 

 

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 6/18

 

数寄屋袋各種

 

いわゆる何でも袋です

大きさによってバッグイン用だったり

ちょっと食事への時 お財布とハンカチ、携帯を入れてお店へ

馴染みの鮨屋や割烹へ行くとき 私は気軽に使っています

 

一目でどこのメゾンのバッグというものは

もう飽き飽き(私は)

 

皆さんが素敵に持たれているとそれがほしくなる店主

あーあ あれもこれも

色違いでほしい

 

 

 

 

 

*****

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

浴衣や着物によい

麻や紬のバッグに数寄屋袋 

ペンケースに小銭入れ

ブックカバーに小座布団に眼鏡ケース

ふくさに風呂敷

それから

着物 帯の反物

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 6/18 

 

こちらは お札入れ

帯の中に収めることができるよう薄い仕立てになっています

 

でも私は普段使いにしています

お稽古 習い事 食事会 と元々支払い金額が決まっている場所でのお支払い

お財布でもごもごするより

スッとこちらからお札を出せると大変スマートです

そのまま私はここへ領収書もしまっています

新札用入れにしてもよし

 

お色 このほか盛りだくさん

こちらにも私物が隠されてあります ど〜れだ

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 6/18

 

本日5日目 折り返し

今朝のラジオから流れる地震警報 心がギュっとなりました

住まいは幸い体感的には震度2くらいの2秒ほどの揺れでしたが

ドキドキしながら

しばらく気持ちを落ち着けて京都の友人へメール

怖かったと

でも大丈夫と。

気持ちを寄せ合う

 

そして繋がらないのは

染司の工房

教室がはじまるまでに電話するものの繋がらない

教室後やっと繋がり

工房の皆さん 工房も無事ということを話してくださり

ホッとしました

お互い近郊 備えましょうと電話を切りました

 

6月料理教室最終日

全クラス終了しました

今月もご予定くださりありがとうございました

時間がたってもカリカリのかき揚げからの和食フルコース

最後のお抹茶プリンでは決まって皆さん唸っていただき

ありがとうございました

 

麻のバッグ

よしおかの色に出合った当初から

ハンカチ 懐紙入れ 数寄屋袋 お札入れ・・

と少しずつ私も大人のお買い物ができるようになり

この麻のバッグは最近購入しました

といっても6年ほど前ですが

カタチを選びきれず 2個も買って帰った時は

大人になったなあと しみじみしたものでした

浴衣に合うように と選んだものの

翌年には 夏の装いにと使いだし

今となっては年中。。

 

黒は冠婚葬祭 学校行事 特に参観行事のサブのバッグにちょうど良く

茶はもっぱら普段使い

軽くて丈夫ですので 図書館へ行くにもよし

隠し布がついているので 中身の乱れを隠せ

柿渋で仕上げてくれているので

防虫 防水に良し

くたびれてしまった風合いもよし 

ですが

気軽に塗りなおしもしていただけるのが工房の良いところ

子ども達にも引き継げるし

良い買い物をしたなあと思います

 

メゾンのレザーのバッグも品格があって大好き

でも

日本の工房のバッグも本当素敵

欲張りです。。

 

男性にも持ってほしいと思っていたところ

奥さんが手にしてちょっと悩まれた麻のバッグ 

良いなと思うモノや人とはもう出合えない

選びましょう と旦那さまは即決 潔さがいつも的確

まずは 奥さんに

そのうち 僕が使わせてもらいます ですって

 

「〇さん(旦那さまの名前) ありがとう」と

小さな子供たちの前で何度も仰ってました

前に買い物をしてくださった時も

同じように 何度も

「ありがとう ありがとう」って旦那さまに仰ってました

 

この中に私物が紛れています

ど〜れだ

 

*****

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

浴衣や着物によい

麻や紬のバッグに数寄屋袋 

ペンケースに小銭入れ

ブックカバーに小座布団に眼鏡ケース

ふくさに風呂敷

それから

着物 帯の反物

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 6/14

暖簾が良い感じなのです

 

暖簾は数ある種類のお色から選んでいただき

サイズもオーダーで仕立てていただきます

 

季節によって 変えたい

暖簾も絵画のように 楽しみたい

暖簾がある家っていいなあ

 

今日初日 教室アサノハ共に楽しみに足を運んでくださり

ありがとうございました

 

*****

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

浴衣や着物によい

麻や紬のバッグに数寄屋袋 

ペンケースに小銭入れ

ブックカバーに小座布団に眼鏡ケース

ふくさに風呂敷

それから

着物 帯の反物

 

 

 

**6月教室ご案内中**

 

6月14日〜18日 (各11時〜13時すぎ)

 

詳細 http://kivilabo.jugem.jp/?eid=2367

 

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 6/13

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

浴衣や着物によい

麻や紬のバッグに数寄屋袋 

ペンケースに小銭入れ

ブックカバーに小座布団に眼鏡ケース

ふくさに風呂敷

それから

着物 帯の反物

 

*****

 

明日から教室 アサノハ(ギャラリー)ダブルオープン

アサノハは24日まで

ということで

今日は息抜きに娘と園帰りからそのまま昼食を食べに行き

デパートへ教室の食材を買いに行き

お気に入りの洋菓子屋で ここでは言えないほどのお買い物をしました

焼き菓子のストック分と定番のいくつかを買って帰ろうと思っていましたが

お隣の紳士が新作のケーキを5個買っていて残り一個

それはもう連れて帰るでしょの追加

また 私の好みを良くご存じの美人スタッフの方が

「奥からシブースト1個 お出しできますよ」という甘いささやきに二つ返事の追加

・・明日から わたくし 籠りきりってことで。。

糖分接種でご機嫌に

 

その後 娘が楽しみにしている図書館へ

ちょうど今月号の婦人画報を読んでいたら

染司よしおかの店主が掲載されていました

あら〜 タイムリー 

 

染司の紹介がはこれまでにもよく掲載されています

お忙しい中何から何までお世話になり

最後の最後まで勉強させてもらっています私

 

さて

ギャラリーも整い 料理教室の準備もあとは明日の朝

 

ぜひ籠りっきりの私のお相手しにいらしてください

もうすぐ父の日

今年は 染の何かをプレゼントしようかなと思っています

柿渋のバッグや眼鏡ケースあたりかな。。

 

**6月教室ご案内中**

 

6月14日〜18日 (各11時〜13時すぎ)

 

詳細 http://kivilabo.jugem.jp/?eid=2367

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 5/26

今日はDMコラージュ 一挙公開

良い週末 日曜日を!

 

DMコラージュ

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

********

 

 

**料理教室ご案内中**

 

5月.28 29日

   6月2.3日 (各11時〜12時半頃終了)

       

詳細 http://kivilabo.jugem.jp/?eid=2346

 

 

**6月教室ご案内中**

 

6月14日〜18日 (各11時〜13時すぎ)

 

詳細 http://kivilabo.jugem.jp/?eid=2367

 

 

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 11/25

 

紅葉がピークとなりました

 

今年の秋のアサノハも明日が最終日

 

お料理教室へご参加の方 気を付けておいでください

お待ちしております

 

アサノハへお考えの方 ぜひお立ち寄りください

千載一遇の出会いを大切に。。

 

今日もありがとうございました

 

******

 

2017 秋のアサノハ 

「私のセオリー」

11月16日~26日 12時~17時 (16−19日のみ13時〜)

最終日15時まで

 

16日終日 トレイラーコーヒー(荒天中止)

26日15時半〜 木太聡 トイピアノ独奏会 ¥2500

(ご予約受付中 kivilabo@yahoo.co.jp まで)

 

捨てられない質と馴染んだデザイン その循環の中で生きる
生活の中で手入れをして継いでいきながら
暮らしに愛着を育ててゆく

店主拝

 

**作家**

そあ(暮らしの衣類 割烹着)

ko(暮らしのモノ)

kivi(お正月飾り)

 

空間デザイン h.yamamoto

 

*お伝えごと*

・・割烹着(デザイン4点)は展示数に限りがございますため

基本的にオーダー受注となることが予想されます

お好きなデザイン また作家(そあ)の提案する数種の布地よりお好きな布をお選びください

また

作家(そあ)の在廊日のみセミオーダーの受注をいたします

裾丈 袖丈 身幅などその方にピタリとあったサイズでお作り差し上げます

在廊日は料理教室開催日の11月16~19日、24日、26日のみです

割烹着の展示は最終日までいたします 

展示品を購入くださった方へはアサノハよりお送りお届けいたします

 

**********

 

お料理教室のご案内です

毎年12月は我が家のおせち料理の1品をポイントレッスンいたします

今年は「だし巻き玉子」

おせち料理のだし巻き玉子は珍しいかもしれませんが

黄色の色が華やかに引き立ち 一年に一度のおせち料理に

食べ馴染んだ1品が入ると 大人もこどももホッとするのです

おせち料理のためにより気持ちを込めて美味しくひいたお出汁で今年は作ってみませんか

その日の軽食も和食を基本としたお献立です

ぜひご参加ください


*詳細*
12月のポイントレッスン
「だし巻き玉子」


参加費 ¥3000(試食 その日の軽食付)

    ¥4000(さらにお出汁のひき方を受講されたい方 試食 その日の軽食付き)

形式 デモンストレーション

日時 12月1,2,3,8,16日 時間は11時〜12時半頃

        ただし お出汁のひき方を受講されたい方は 10時半開始です

持参品 筆記用具 スリッパ 


お申し込みは kivilabo@yahoo.co.jp まで
希望日時 お名前 お電話番号(できれば携帯)をお伝えください

場所 岡山市南区郡(詳しい住所はお申込み後 道案内をお伝えします)

お子様連れ可 無料(授乳やおむつ替えのフリースペースございます)
キャンセルフィ(2日前より50% 。当日全額。振替ができる場合はキャンセルが発生いたしません)

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
Selected Entry
Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links