<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 6/18

 

数寄屋袋各種

 

いわゆる何でも袋です

大きさによってバッグイン用だったり

ちょっと食事への時 お財布とハンカチ、携帯を入れてお店へ

馴染みの鮨屋や割烹へ行くとき 私は気軽に使っています

 

一目でどこのメゾンのバッグというものは

もう飽き飽き(私は)

 

皆さんが素敵に持たれているとそれがほしくなる店主

あーあ あれもこれも

色違いでほしい

 

 

 

 

 

*****

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

浴衣や着物によい

麻や紬のバッグに数寄屋袋 

ペンケースに小銭入れ

ブックカバーに小座布団に眼鏡ケース

ふくさに風呂敷

それから

着物 帯の反物

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 6/18 

 

こちらは お札入れ

帯の中に収めることができるよう薄い仕立てになっています

 

でも私は普段使いにしています

お稽古 習い事 食事会 と元々支払い金額が決まっている場所でのお支払い

お財布でもごもごするより

スッとこちらからお札を出せると大変スマートです

そのまま私はここへ領収書もしまっています

新札用入れにしてもよし

 

お色 このほか盛りだくさん

こちらにも私物が隠されてあります ど〜れだ

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 6/18

 

本日5日目 折り返し

今朝のラジオから流れる地震警報 心がギュっとなりました

住まいは幸い体感的には震度2くらいの2秒ほどの揺れでしたが

ドキドキしながら

しばらく気持ちを落ち着けて京都の友人へメール

怖かったと

でも大丈夫と。

気持ちを寄せ合う

 

そして繋がらないのは

染司の工房

教室がはじまるまでに電話するものの繋がらない

教室後やっと繋がり

工房の皆さん 工房も無事ということを話してくださり

ホッとしました

お互い近郊 備えましょうと電話を切りました

 

6月料理教室最終日

全クラス終了しました

今月もご予定くださりありがとうございました

時間がたってもカリカリのかき揚げからの和食フルコース

最後のお抹茶プリンでは決まって皆さん唸っていただき

ありがとうございました

 

麻のバッグ

よしおかの色に出合った当初から

ハンカチ 懐紙入れ 数寄屋袋 お札入れ・・

と少しずつ私も大人のお買い物ができるようになり

この麻のバッグは最近購入しました

といっても6年ほど前ですが

カタチを選びきれず 2個も買って帰った時は

大人になったなあと しみじみしたものでした

浴衣に合うように と選んだものの

翌年には 夏の装いにと使いだし

今となっては年中。。

 

黒は冠婚葬祭 学校行事 特に参観行事のサブのバッグにちょうど良く

茶はもっぱら普段使い

軽くて丈夫ですので 図書館へ行くにもよし

隠し布がついているので 中身の乱れを隠せ

柿渋で仕上げてくれているので

防虫 防水に良し

くたびれてしまった風合いもよし 

ですが

気軽に塗りなおしもしていただけるのが工房の良いところ

子ども達にも引き継げるし

良い買い物をしたなあと思います

 

メゾンのレザーのバッグも品格があって大好き

でも

日本の工房のバッグも本当素敵

欲張りです。。

 

男性にも持ってほしいと思っていたところ

奥さんが手にしてちょっと悩まれた麻のバッグ 

良いなと思うモノや人とはもう出合えない

選びましょう と旦那さまは即決 潔さがいつも的確

まずは 奥さんに

そのうち 僕が使わせてもらいます ですって

 

「〇さん(旦那さまの名前) ありがとう」と

小さな子供たちの前で何度も仰ってました

前に買い物をしてくださった時も

同じように 何度も

「ありがとう ありがとう」って旦那さまに仰ってました

 

この中に私物が紛れています

ど〜れだ

 

*****

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

浴衣や着物によい

麻や紬のバッグに数寄屋袋 

ペンケースに小銭入れ

ブックカバーに小座布団に眼鏡ケース

ふくさに風呂敷

それから

着物 帯の反物

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 6/17

企画展4日目

連日 色を楽しんでいただき ありがとうございます

 

どの色も日本人の私たちにしっくりと合います

千年の色という御本を染司が出しているのですが

千年の時を遡り 平安の人々は こんなに素敵な色を纏っていたのかと

遥か遥か昔をも思い出される色々です

 

この染司の色

今までどの色も全て取ってあるとお聞きしました

どのくらいになるのでしょう 今度聞いてみたいと思います

国宝の修繕を手掛けている染司ですので この後も千年引き継がれるでしょう

その色がこうして気軽に手元にあると思うと 

心や気持ち 暮らしが豊かになります

 

さて

こちらアサノハのお玄関に飾っております暖簾 

お好きな色 寸法で作っていただいてます

 

 

今日から お品を紹介

 

懐紙入れ

当時私がよしおかの懐紙入れを手にしたのは20年近く前

まだ茶道をしていた頃

それから あれこれと忙しくなり 嗜む機会が無くなりました

思い切ってお仕覆やお扇子を取り出し

通帳を入れると あらピッタリ!

お札も ピッタリ入る

銀行へ行った時 キャッシュコーナーで並んでいる時

通帳入れているポーチってつい目にしませんか?

くたびれてませんか? 

お金や大事なものの居心地は良くしてあげたいと

私は常日頃思っております

 

大切なものを「私のお気に入り」に入れる

こういった小さな積み重ねが 

日々の暮らしをご機嫌にしてくれているのでしょう きっと

 

何色も使い分けて 

・・あれこれ欲しい!

 

お色 この他 盛り沢山

 

*****

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

浴衣や着物によい

麻や紬のバッグに数寄屋袋 

ペンケースに小銭入れ

ブックカバーに小座布団に眼鏡ケース

ふくさに風呂敷

それから

着物 帯の反物

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: days |
# 6/14

暖簾が良い感じなのです

 

暖簾は数ある種類のお色から選んでいただき

サイズもオーダーで仕立てていただきます

 

季節によって 変えたい

暖簾も絵画のように 楽しみたい

暖簾がある家っていいなあ

 

今日初日 教室アサノハ共に楽しみに足を運んでくださり

ありがとうございました

 

*****

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

浴衣や着物によい

麻や紬のバッグに数寄屋袋 

ペンケースに小銭入れ

ブックカバーに小座布団に眼鏡ケース

ふくさに風呂敷

それから

着物 帯の反物

 

 

 

**6月教室ご案内中**

 

6月14日〜18日 (各11時〜13時すぎ)

 

詳細 http://kivilabo.jugem.jp/?eid=2367

 

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 6/13

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

浴衣や着物によい

麻や紬のバッグに数寄屋袋 

ペンケースに小銭入れ

ブックカバーに小座布団に眼鏡ケース

ふくさに風呂敷

それから

着物 帯の反物

 

*****

 

明日から教室 アサノハ(ギャラリー)ダブルオープン

アサノハは24日まで

ということで

今日は息抜きに娘と園帰りからそのまま昼食を食べに行き

デパートへ教室の食材を買いに行き

お気に入りの洋菓子屋で ここでは言えないほどのお買い物をしました

焼き菓子のストック分と定番のいくつかを買って帰ろうと思っていましたが

お隣の紳士が新作のケーキを5個買っていて残り一個

それはもう連れて帰るでしょの追加

また 私の好みを良くご存じの美人スタッフの方が

「奥からシブースト1個 お出しできますよ」という甘いささやきに二つ返事の追加

・・明日から わたくし 籠りきりってことで。。

糖分接種でご機嫌に

 

その後 娘が楽しみにしている図書館へ

ちょうど今月号の婦人画報を読んでいたら

染司よしおかの店主が掲載されていました

あら〜 タイムリー 

 

染司の紹介がはこれまでにもよく掲載されています

お忙しい中何から何までお世話になり

最後の最後まで勉強させてもらっています私

 

さて

ギャラリーも整い 料理教室の準備もあとは明日の朝

 

ぜひ籠りっきりの私のお相手しにいらしてください

もうすぐ父の日

今年は 染の何かをプレゼントしようかなと思っています

柿渋のバッグや眼鏡ケースあたりかな。。

 

**6月教室ご案内中**

 

6月14日〜18日 (各11時〜13時すぎ)

 

詳細 http://kivilabo.jugem.jp/?eid=2367

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: アサノハ |
# 6/12

 

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

浴衣や着物によい

麻や紬のバッグに数寄屋袋 

ペンケースに小銭入れ

ブックカバーに小座布団に眼鏡ケース

ふくさに風呂敷

それから

着物 帯の反物

 

 

**6月教室ご案内中**

 

6月14日〜18日 (各11時〜13時すぎ)

 

詳細 http://kivilabo.jugem.jp/?eid=2367

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: days |
# 6/10

 

 

 

 

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

********

 

素敵な染小物がたくさん届きました!!

麻や紬のバッグに数寄屋袋 

ペンケースから小銭入れ

ブックカバーに小座布団に眼鏡ケース

ふくさに風呂敷

どれも 本当に素敵

仕事を忘れ ついうっとり眺めてしまいます

着物 帯の反物も

アサノハに選んでくださったものを送ってくださり本当に素敵

古来の色に溢れた色とりどりのアサノハ

明日は準備のためギャラリーに籠る予定

 

ぜひ 14日より お待ちしております

 

・・週末はあれこれと夫が仕事だったので

私とこども達は身近で色々と。。

 

美味しいケーキがあります〜との店主より

しっぽ振って二週連続の店主のケーキへさんへ足を運んで

娘とそれぞれ 分け合って食べました(お兄ちゃんには秘密)

 

息子は部活だったり お友達と映画の約束だったり

忙しそうな充実の週末

それでも

娘と三人スーパーマーケットへ買い物

今日はちょっと奮発してお菓子をいくつかOkというと

嬉しそうな中学生

へへ〜 まだまだ可愛らしいなとキュンとくる

また

サンダルがほしいと言うので選びに行くと

嬉しそうな我が家の中学生

お会計時 上機嫌でありがとー って言われ

店員さんには

「おー お兄ちゃん えらいなー」って褒められてました

 

お家にいたかったので ほとんどはお家で過ごしました
お庭を整えたり

キッチンにこもり作り置き食材色々

ミートソースにとりそぼろ 煮込みハンバーグ

おやつも焼きつつ

あれこれと いいにお〜い って娘っこ♡

 

そうそう

娘の髪の毛がずいぶん伸びたので

ママの髪切りやさんをオープン

女の子の髪を切るのってごまかしがきかないので難しい。。

けども 結構バッサリと

ちょっとイメージも変わり またかわいらしくなりました

カット後 ずっと鏡を見て嬉しそうに髪をとかす姿 

お母さん かなり萌えましたので こっそり動画を撮りました

また 伸びるの?と聞くので

すぐ伸びるよ というと

3時間後くらいに

また ちょっと伸びたみたいだから 切って♡ だと

こんな可愛らしいこと言っちゃって 5歳児たまらんです

 

 

**6月教室ご案内中**

 

6月14日〜18日 (各11時〜13時すぎ)

 

詳細 http://kivilabo.jugem.jp/?eid=2367

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: days |
# 6/8

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

********

 

今日は幼稚園参観

今日は私が娘を早めに園へ送って

近くのスタバで朝刊をと思い数枚読んでいると

あ〜 いると思った♡と声をかけてくださる

教室開講当初に来てくださっていた女性(こどもさんが娘と同じ園)

いると思ったという彼女の勘

これって結構すごい

彼女は旦那様がクリニックをオープンされて以来

そのお手伝いにとても忙しくされている様子(彼女は知り合った当初からずっと内助の功)

タイムリミットまで近況を喋る喋る

時間切れで別れました

彼女が颯爽と運転するのは白の新型メルセデス

ひゅ〜♡ でした

 

参観からの

歌舞伎「その後の女子会」

偶然仕事が休みの夫に娘の午後をお願いしてお昼の食事へ

彼女のタイムリミットにて

これまた午後も話足りず解散

また次回へ持ち越しです

もう次回のお店は決めてます

 

これからどこか出かけるの〜?

って聞かれて

どうしようかな って思いましたが

そのまま帰宅

もう十分リフレッシュ

そして

偶然にも彼女の車も新型メルセデス 

お色は赤

 

これまた二人ともよく似合ってるんだわ

そしてまた そういったことを暮らしぶりも含め ちっともひけらかさない

 

さて私はというと 

日本生まれで小回りきいて

どこまでも私の言うことを聞いてくれる愛おしい相棒に乗り込み

帰宅は教室の準備がてら食材の店をはしごしながら

お夕飯の買い物

 

家族の好きなお刺身

そして 夫の好きな手羽先を買って

 

美味しい美味しいって今日のお夕飯は家族そろっていただきました

 

 

**6月教室ご案内中**

 

6月14日〜18日 (各11時〜13時すぎ)

 

詳細 http://kivilabo.jugem.jp/?eid=2367

 

 

 

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: days |
# 6/7

 

アサノハ企画展

2018年6月14日〜24日

京都 染司よしおか  「日本古来の色」

 

江戸から続く京の染司

化学染料は使わず 植物染で日本古来の色を生み出している

奈良東大寺のお水取りに使う椿の和紙を製作するなど

全国の神社仏閣の行事や国宝修理も手掛けている

このたびアサノハでは

麻の染小物やバッグ 暖簾などを展示販売いたします

素敵な色々 ぜひご覧ください

 

********

 

ちょうど一週間後の14日木曜日から

6月の料理教室

そして

初夏のアサノハ(日本古来の色)

がはじまります

 

料理教室では

初夏の和食というテーマの今月

 

まずは かき揚げ

家族皆大好きな私の十八番です

娘に至っては

かき揚げをするとその後 猛烈なリクエストで

かき揚げが3日は続きます

そしてまた忘れた頃に作り 続き。。の繰り返し 苦笑

具材は季節のものを使って野菜だけで揚げるのが私の好み

時間がたってもカリカリ

夏にこそ キッチンで瞬間的に仕上がるかき揚げを作りたくなります

 

・・どんな女性が好きかと聞かれたらば

私は

かき揚げや茶わん蒸しが上手にできる女性と言ってもよいかも

娘には味 腕を引き継いでもらいたいと思っています

 

きゅうりの一品は

沢山の夏野菜で作る郷土料理のあのおかず

ご飯やお素麺の上にかけてもよし お豆腐にもよし 納豆にも合う

夏の暑い時期に冷蔵庫にあると安心な1品です

カポナータと共に我が家の夏の常備菜というところです

 

アスパラの一品はお弁当や酒の肴に良い一品

 

青菜とおじゃこの一品も常備菜にぜひ

 

焼きおにぎりは食後の〆に良いんだなあ

 

そして

お抹茶プリンはフレッシュクリームと餡を添えて

食感がなんともいえない夏の涼菓

 

温かい汁ものも合わせて

お腹を空かせていらしてくださいね

 

 

**6月教室ご案内中**

 

6月14日〜18日 (各11時〜13時すぎ)

 

詳細 http://kivilabo.jugem.jp/?eid=2367

 

 

| - | trackbacks(0) | 07:00 | category: days |
Selected Entry
Categories
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links